この度サンウドパラダイスでは久しぶりに大型ライブを開催いたします。2009年以来10年ぶりにファンの皆様の間では伝説となっていたあのスーパー・ジャズ・ライブ、”世界のギターリスト山口武”と”JAZZボーカルのカリスマ・CHAKA”によるSupper Dream JAZZ Session2019を開催する運びとなりました。そしてさらに今回はゲストとして、孤高の天才ピアニスト・中島徹、ウッドベースのスペシャリスト・光岡尚紀、新鋭の女性ドラマー・冨永ちひろをバックによる超豪華メンバーで繰り広げられます。

あの伝説のライブが再び蘇る

このようなスーパー・ミュージシャンによるライブは、そうそう実現するものではありません。今回はJAZZ界でもトップクラスのミュージシャンが参加し、10年前よりもさらにスケールアップしたサウンドをお送りいたします。ライブ・チケットは即完売することも予想されますのでお早い目にお問い合わせください。 

日時:2019年10月9日(水)Open 18:30 Start 19:30
charge:前売り¥3,000 当日\3,500
会場:西成区永信防災会館
大阪市西成区山王3丁目10-20

お問い合わせ:サウンドパラダイス:上田迄 090-2359-1905
チケットのお申込みはこちら

山口武LIVE動画 ~2015年6月27日Strange Night Mixより~

MUSICIANS

世界のギターリスト 山口武
1975年にアメリカに渡り、チャールズ・モフェット(Ds)ファミリーに参加。帰国後は自己のトリオ、カルテットで活躍。ジャズの巨匠ロン・カーター(b)とは10年にわたり日本ツアーを行っている。その中でも特にニューヨークの売れっ子ドラマー、ルイス・ナッシュとハンク・ジョーンズ(p)が参加した2000年のライブは、今や伝説のライブとなっている。ロン・カーターとのアルバムは5枚に上るが、ジャズ・ロックのアルバム(ウルトラトリオ)を2枚リリースし、正統派ジャズとロックの2つの顔を持つ類い稀なギターリスト。
ジャズボーカルのカリスマ CHAKA
元ジャズピアニストの父と元ダンサーの母を持つ天才ジャズ・ボーカリスト。幼少の頃からジャズ、ソウルに親しみ、松浦雅也とPSY・S(サイズ)というユニット名でアルバムデビュー。PSY・S解散後はソロシンガーとして、さまざまなジャンルで活動。古内東子、平井堅、宮沢和史ら数々のアーティストとのコラボレーションも多い。2003年『LOVE』にて2003度スイング・ジャーナル「ジャズ・ディスク大賞」、国内ボーカル部門2位受賞。ジャズ界のカリスマとして多くのジャズ関係者から絶賛され、今最も注目されているジャズ・ボーカリスト。

孤高の天才ピアニスト 中島徹
2001年と2002年、自己のプロジェクト”LATIN-JAZZ-JAPONISMO~はぽにやす”で、国際交流基金派遣の文化使節としてヨーロッパ各地10都市にて公演を行ったほか、関西の老舗ビッグバンドの北野タダオ&アロージャズオーケストラ等、数多くのバンドやセッションに参加している。

類い稀なセンス溢れるベーシスト 光岡尚紀
BASSを藤岡靖博氏、魚谷のぶまさ氏に師事。関西を本拠地に国内外のミュージシャンと数々のセッションを重ね、多数のライブやレコーディングに参加。演奏活動はJAZZだけでなく、ブライダルやホテルでの演奏、またJ-POPやClassicなど幅広いジャンルで展開。

新進気鋭のの女性ドラマー 冨永ちひろ
ジャズ、ファンク、クラブ・ミュージックなど、 様々なジャンルのライブ、レコーディング、ツアーに参加。2012年に、DVD「ゼッタイ叩ける!ジャズ・ドラム超入門」をリリース。2015年には、Dave Sinclairのツアーに同行。ビルボード東京にてクラムボンと共演。
  • コメント: 0

関連記事

この記事へのコメントはありません。