この度、サウンドパラダイスでは、梅田の新ライブハウス『スタジオQ』において、プレミアム・ライブシリーズを毎月開催する運びとなりました。その第一段は、ジャズ・ボーカリストのカリスマ、CHAKAを特別に東京からお招きし、世界を代表する天才ギターリスト、山口武との夢のような『超プレミア・ライブ』を開催いたします。
山口武は、ご存知のとおり、ジャズの巨匠ロン・カーターやルイスナッシュと共にレコーディングやライブを行うなど、今や世界のトップ・ジャズ・ギターリストとして、大活躍しております。

また、CHAKAは、J・POPユニット、PSY・S(サイズ)で活躍後、日本で本格的なジャズ・ボーカルのスタンダード、本道を歌える唯一無二のジャズ・シンガーとして、音楽関係者から絶賛されているボーカリストです。
いずれも、このようなスーパー・ミュージシャンによるライブは、そうそう実現するものではありません。今回のライブはチケットが即完売することも予想されますので、早い目にお求めください。

2012年4月11日 Open 18:30 Start 19:30
Charge: 前売り 3,500円/当日 4000円
会場 「StadioQ」
大阪市北区兎我野町9丁目9 津多屋レジャービル1F

MUSICIANS

CHAKA
元ジャズピアニストの父と元ダンサーの母を持つ天才ジャズ・ボーカリスト。幼少の頃からジャズ、ソウルに親しみ、松浦雅也とPSY・S(サイズ)というユニット名でアルバムデビュー。特別ユニット「チャカと昆虫採集」等で、他のアーティストとの共演活動をしながら、PSY・S解散後はソロシンガーとして、さまざまなジャンルで活動。古内東子、平井堅、宮沢和史ら数々のアーティストとのコラボレーションも多い。ジャズ・ボーカリストのカリスマとして多くのジャズ関係者から絶賛され、今最も注目されているジャズ・ボーカリスト。
山口 武
1975年にアメリカに渡り、チャールズ・モフェット(Ds)ファミリーに参加。帰国後は自己のトリオ、カルテットで活躍。ジャズの巨匠ロン・カーター(b)とは10年にわたり日本ツアーを行っている。その中でも特にニューヨークの売れっ子ドラマー、ルイス・ナッシュとハンク・ジョーンズ(p)が参加した2000年のライブは、今や伝説のライブとなっている。ロン・カーターとのアルバムは5枚に上るが、ジャズ・ロックのアルバム(ウルトラトリオ)を2枚リリースし、正統派ジャズとロックの2つの顔を持つ類い稀な天才ギターリスト。
  • コメント: 0

関連記事

この記事へのコメントはありません。